マザー・リーフ鍼灸センター

思春期から更年期までの女性の悩みの解決のお手伝いをいたします。

  その他の症例 肩こり 腰痛 関節痛など

当院では基本は中国医学の考え方を取り入れ、それに沿ったツボを選択していますが 近年整動鍼®というやり方も取り入れ 首や肩こり 腰痛 腕の痛み 関節の痛みに対応いたしております。施術する前に、体の動きの変化や、しこり 緊張の有無を確認させていただいております。
特徴としては、動きを阻害している箇所(痛む場所とは限りません) の緊張を取りますが痛みよりは動きを重視します。少ない鍼と短時間の治療が特徴です。同じような症状でも人によっては動く筋肉も使うツボも違います。

女性 80代後半 #腰痛 #腰が曲がってきた #歩くと足元がふらつく (2017/2/25)

症状:一年前に脊椎の圧迫骨折をして シップとコルセットをして過ごしていた。床に正座して編み物などで背中を丸めて過ごすことが多く、歩くときも上半身倒し気味。ここ最近は歩くと足元がふらつく感じが出てきた。
治療経過:腰を支える背骨の動きが悪いため膝のツボを使うと 腰をシャンと伸ばせるようになった。足のふらつきは頭がくらくらするのが原因であったので関連するツボを使うと歩行時のふらつきがほとんどなくなった。
主に使用したツボ: 玉天R 水泉R
他の治療: 腰の冷え 
まとめ:本人は以前の圧迫骨折と加齢のため腰が伸ばせないと半ばあきらめていた。腰に針せずとも動かせたのでとても驚いていた。また腰を曲げていると頭を持ち上げようとするため頭から首にかけて負担がかかっていたものであった。部位がはっきりしていたので、少ない鍼でで効果を上げた。

 女性 #40代後半 #左股関節痛 #左仙骨部痛         (2017/2/10)

症状(一診)左股関節痛周囲が痛む。立った姿勢で左脚が右と比べて上がりづらい。左足を上にして組むようにすると左お尻に響き 左仙腸関節も痛む。普段から仰向けに寝られない。昨日多忙だったためむくみもある。
治療: 股関節周囲に圧痛もあったが 局所ではなく足と膝に針をすると左大腿がスムーズにあがり 足の組む姿勢もスムーズになった。またさらに足にあるツボを使い 様子をみてもらい、翌日に来るようお話した。
(二診) 久々に仰向けで眠れ 朝起きても腰(仙骨部)の痛みは感じなかった。まだ股関節付近の圧痛はあるが 昨日ほどではない。
治療: 昨日と同じ治療と、さらに手と脛にあるツボも使った。
主に使用したツボ: 中腰L 膝陽関L 懸鐘L 後谿L 光明L
他の治療 むくみ
まとめ もともと乳児期に股関節脱臼の既往があり疲れると症状が増強していた。マッサージや他院で鍼灸も受けていた。当院でトコちゃんベルトの着けてから日常作業はかなり楽になってはいたが、当院の整動鍼®を受けてもらうと、「今までの鍼治療とはちがう!」と言ってもらえた。今後は定期的に通院して体調を維持していくことになった。
Copyright(c) 2005~マザー・リーフ鍼灸センター. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com